読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高麗川清流

高麗川コンクリート遊歩道に反対し計画再考を求める会

コンクリート遊歩道工事の1ヶ月――悔やんでも取り返しのつかない自然への酷い衝撃

日高市在住 K生
f:id:komagawaseiryu:20160222221131j:plainこれほどの自然破壊を想定しましたか? “たかが”遊歩道の為に!
これでも「日高の自然を大切にしたいという気持ち」なのですか?

本年1月の正月明けから工事のはじまったコンクリート遊歩道工事。この工事の実施案を最終的に決めたのは、昨年暮れの12月11日の「第8回日高市部会」でした。

この会議で、市部会のリーダー(主宰者)とされる日高市市民生活部・町田部長は、「コンクリート遊歩道」決定に際して次のように述べました。「頂いた要望の中で、受け入れられるものと受け入れられないものがある。これを整理すると、日高の自然を大切にしたいという気持ちは同じ。これは受け入れられる。環境配慮や景観についても同じである」と。

しかしながら、コンクリート舗装の遊歩道を建設するプロセスによって、この1ヶ月我々が指摘していた通り、悔やんでも取り返しのつかない自然環境へ酷い衝撃を与えています。

清流橋からお蔵淵方向を見る

1月16日
f:id:komagawaseiryu:20160222214851j:plain
1月31日
f:id:komagawaseiryu:20160222215044j:plain
2月14日
f:id:komagawaseiryu:20160222215122j:plain

お蔵淵から清流橋方向を見る

1月16日
f:id:komagawaseiryu:20160222215237j:plain
1月31日
f:id:komagawaseiryu:20160222215400j:plain
1月31日
f:id:komagawaseiryu:20160222215457j:plain
2月14日
f:id:komagawaseiryu:20160222215552j:plain
上の写真の左側の竹藪に沿って遊歩道が計画されている。そこで、下の写真の様に側溝を堀り水位を下げて乾燥させることが企図されている。しかしながら、この地域は扇状地をなして絶えず地下水が川に染み出て流れ込んでいる。この流れを止めずにコンクリート化が可能なのだろうか?
f:id:komagawaseiryu:20160222215654j:plainf:id:komagawaseiryu:20160222215724j:plain

お蔵淵

1月16日
f:id:komagawaseiryu:20160222215823j:plain
1月31日
f:id:komagawaseiryu:20160222215859j:plain
2月14日
f:id:komagawaseiryu:20160222215941j:plain
日高市高麗川随一美しい景観を誇った「お蔵淵」。現在はこのように土砂で埋められてしまった。

ケヤキ地域

1月16日
f:id:komagawaseiryu:20160222220041j:plain
1月31日
f:id:komagawaseiryu:20160222221131j:plain
2月14日
f:id:komagawaseiryu:20160222221427j:plain
カワセミなどの高麗川に集う野鳥のサンクチュアリ(聖域)とも称されるこの大ケヤキ地域の現在の状況を、一体どのように表現すればよいのでしょうか??